FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
運動量を上げたい時、だいたいは走り込みをします。

もちろん走り込みで鍛えないとなかなか運動量はあがりません。

しかし走り込みだけではダメでしょう。

車で例えるならば、車のボディとエンジンのバランスが必要です。

F1のボディに軽自動車のエンジンを積んでも速く走ることは出来ませんし、軽自動車のボディにF1エンジンを積んでもやはり速く走る事や長く走る事は出来ません。

やはりボディとエンジンのバランスが取れてこそ、長距離も走り切れる能力が付きます。

走り込みだけでは、このボディをメインに鍛えることになります。

エンジンをメインに鍛える事も同時に行ってこそ、そのボディが生きてきます。

そのエンジンを鍛える一つとして水泳の遠泳などが有効です。

肺活量や心臓を鍛えるにも水泳はBESTです。

走り込みだけでは、ヒザなどの股関節に負担も掛かりますが、水泳では軽減できます。

この夏は、プールで遠泳にチャレンジしながら、走り込みをおこなうと、夏の終わりには体力面で上位に入ってこれるかもしれませんね。

バランスを重視しながら、取り組んでみて下さい。

実際の取り組んでいる子供は、面白い結果になってますよ。


お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。

参考
食事とサプリメント
トレーニングと同様に大事な食事について
+サプリメント

おもしろサッカーグッズの諸々
便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。



ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 








【】 | スピードと運動量
トラックバック(0) |
一つに秀でる強みはやはり・・・

息子のチームで1年生からレギュラーに全然入って来ていなかった子が、ここ数試合突然レギュラー入りしてきました。

テクニック的には決して上手い方では無く、利き足でない左足はほとんど使えません。

体力も有るほうでは無く、むしろ無い方から数えたほうが早いくらいです。

ではなぜ?

この子の強みは『体の強さ』です。



今は春休みもあって連日、練習試合が組まれています。

招待試合や練習試合の相手は、東京都のトップクラスばかり。プラス高校生などとも対戦しているので相手は強いチームばかりです。

強豪チームと対戦する中で、この子の良さが生きております。

当然、テクニックでは対戦相手の方が一枚上手なので、テクニックで競っても相手のほうが上でしょう。

そんな中でこの子は絶対に当たり負けしません。高校生と対峙しても体を当てる展開になればすべて勝っているのです。

ただ取った後のパス出しの精度や判断力は今後の課題はありますが、強い相手と当れば当るほどボランチのこの子の価値は高まりました。

先週のJのジュニアユースチームと対戦した時に、この子のお母さんと話した時に言っていたのは、小学生の時から体幹トレーニングばかりしていたそうです。

息子に話を聞いても体はムチャクチャのマッチョだそうです。

個人的の意見で言えば、ジュニア、ジュニアユースの年代でフィジカルトレーニングをしてマッチョの体を作る事は賛成は出来ませんが、何かに特化すると言うことは絶対にあった方が良いのです。

先に、フィジカルばかりしない方が良いと書きましたが、この子はぜん息を小さい時から患っていたそうです。なので、走り込みなどが小さい頃は出来ずに、体を鍛える事を選んだようです。

この子の様に自分の出来る事や得意な事を伸ばして、これでは絶対に一番になれる!と自分自身で自信を持てるものを持ったほうが良いです。

自信にもなりますし、一つの事に秀でることはとてつもない武器になります。

キック、ドリブル、テクニック、体力、ダッシュ力等々得意なものを徹底的に伸ばして、負けない一つを作る事は重要な事ですね。



お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。

参考
食事とサプリメント
トレーニングと同様に大事な食事について
+サプリメント

おもしろサッカーグッズの諸々
便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。



ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 








【】 | フィジカル
トラックバック(0) |