FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュニアユース年代は、1年のレギュラー組と
3年のレギュラーは違う!

息子が1年生の夏くらいに
監督、コーチ、父母での飲み会がありました。

その時に監督と同席になって、話していた事が
今になって分って来ました。

監督は、『1年のレギュラーと3年になってからの
レギュラーは全然違いますよ』

『ほとんど変わってるんじゃないかな』と
だいぶ酔っ払いながら話していました。

その少し前に、Jのチームも参加する10チーム程の
カップ戦がありました。

当然、そこでも先発で出られる子と出られない子が
いました。

それもあって、1年では分らないから
安心しての意味で言っているのかと思っていました。

その時は、まだ1年の夏で全員がレギュラー取りに
希望に溢れていた時期で、実力差もほとんど分らない
時期でした。

親御さんの気持ちとしても
自分の息子が出られるのか?
どの辺りに自分の子供がいるのか
気になる所ではありました。

そんな所を察しての監督の言葉だと思っていました。

しかし、息子も3年まで後2ヶ月半まで来ると
監督の言葉も本当なんだと思いました。

1年から公式戦で怪我以外でレギュラーを外していないのは
一人しかいません。

レギュラーをずっと張っていた子も
先発から外れたりや1軍から外れた子も
何人もいます。

また、1年生の間は、公式戦出場はおろか
1軍にも入っていなかった子が
ここに来てレギュラーを取って
公式戦に連続出場している子もいます。


実際に見た目にも、1年生の頃はすごく上手かった子が
最近はすごく物足りなく見えていたりします。

はっきり言えば、ヘタになった様に見えます。

息子にも、最近○○君出て来ないね。と聞くと
今は全然だよ。1年の頃はパス出しも上手くて
初めからレギュラーに入って来るな。なんて思っていたけど
最近はヘタになった!と言っていました。

ヘタになったとは思えないので、
周りとの伸びしろ差だと思うのですが
実力が逆転したのは、端から見ていても
明らかでした。


もし1年生でレギュラーを取れていなくても
諦めないで下さい。

しっかり練習して行けばどんどん上手くなって
きっとレギュラーを取れます。

小学5,6年からジュニアユースは
成長の黄金期と呼ばれるくらい
どんどん吸収出来る世代です。

努力した分だけ上手くなる。

練習は裏切らないと信じて練習に励む事が
大事ですね。

逆に、1年でレギュラーを取れているからと、
練習を怠ると、あっと言う間に抜かれます。

3年の時に、公式戦のピッチに立てているかは、
1年生の時のレギュラーは関係ないですね。

練習した者勝ちです。

しかしちゃんと良い所を伸ばす練習と
足りない所を補う練習を見極めて
練習出来る様に
親もしっかりアドバイスして行きたいですね。


【】 | メンタル
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。