FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームによる指導方針の違いは当然ながらあります。

ここでスポットをあてるのは、ドリブルとパスについてのチームによる違いです。

全部のチームに知り合いがいる訳ではないので、あくまで試合等を観ての思った感想です。


チームにより、やりたいサッカーの違い。

息子と対戦したチームで、とにかくドリブルのチームと感じるチームがありました。

前に、蹴ってはいけないのかなと思うほど、
徹底してドリブルです。

後から、息子チームのコーチに聞くと、やはり毎年、徹底してドリブルをしてくるチームということです。

1年生の時は、大した結果が出なくても、3年になると
毎年、上の方に名前が出て来るのは指導方針の賜物か?と思えるチームです。

このように、ドリブルを徹底的に慣行してくるチームもあれば、逆のチームもあります。

セレクションの時から、とにかくデカくて、速ければ取るチームがありました。

このチームと試合となった時は、とにかくロングで裏に蹴って、後はスピードとデカさで突っ込んでくると言った戦術です。

このチームには、息子の同級生の兄が通っており、お父さんとは良く話しますが、試合の結果は出やすいそうです。

確かに、ジュニアユース世代で、裏にバンバン蹴ってきて、スピードがあってガタイがデカイのが突っ込めば、クリアミスもあって結果は出やすいでしょう。

個人的には好きではありませんが・・・

また、違うチームでは、とにかくショートパスを徹底的に繋ぐチームもありました。

ゴールキックから、ショートパスを繋ぎ、有る程度まで、自陣内では繋ぐパターンまであるようなチームもあります。

はたまた、チームに寄っては、下手をするとドリブル禁止みたいなチームもあります。 パスサッカーの為のパスをするサッカーですね。

このように、チームによるドリブルとパスによる指導方針は大きく違います。

この戦術による差だけで、チーム選びの決め手にはしない方が
良いかもしれませんが、チームによる差、違いがある事は間違いないので、行きたいチームがどのような方針のチームなのか、確認しておいた方が良いテーマだと思います。

ドリブルが得意な子が、ドリブル禁止みたいなチームに行ってしまったら最悪です。

折角のジュニアユースの一番伸びる時期を、棒に振りかねません。

そこで、一回くらいは行きたいチームの試合や練習を観に行ってみるも良いと思います。

一番は、そのチームにいる親御さんに聞いてみるのが良いです。

試合に行けば、大抵は親御さんが観戦に来ています。

そこで、『息子が来年入りたいと考えているんだけど、どんなチームですか?』と聞いてみると、興味深い内容が聞けたりするものです。

チームによって、ドリブルとパスに対する考え方に違いがある!と言う事を知ってるとチーム選びの一つの参考になります。


ランキングに参加してます。

ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら 応援クリックお願いします。

 
人気ブログランキングへ 



【】 | セレクション
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。