FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム選びの中で、感じた事。

クラス分けは、あくまで勝手におこなっている!を前提に
Aクラス・・・ヴェ●● ・F●東● ・三● ・横● ・F●R● ・F●多●・・・
とあります。

同じAクラスでも、まず在籍人数ですが、
40人から、下手をすると50人を取るチームもあれば、
キーパー入れて20人前後しか取らないチームもあります。

当然、20人のチームと50人のチームでは、
公式戦に出るチャンスが違ってきます。

この辺は、明らかにチームの方針の違いなので
事前に確認しておく一つです。

また、同じAクラスでも、辞める子の多さ。

1年の夏までに10人以上辞めたと聞くチームもあります。

セレクションで取ってから、またチーム内でフルイに掛けてるの?
育てる気あるの?と
疑問に思うチームもあります。

このチームに在籍をした訳ではないので、真実は分かりませんが
このような事もある。と知っておいた方が良いと思います。

人数が多いのがダメ!と言うと、これまた一概には、そうとも言えません。

Bクラス、Cクラスでは、30人、40人いるチームは
ある意味、人気がある。もしくは、上に行けるチャンスを
もっているチームとも言えるからです。

レギュラー取りが大変なのは同じですが、その側面も考慮した方が
良いのかなと思います。

息子の先輩で、帝●というチームに行かれた子の話。

とても上手く、ガッツのある子です。

この子のお父さんのチーム選びの一つが
人工芝のグランドを持っている、でした。

Bクラスのチームをいくつか受け、ほとんど受かっていましたが、
人工芝グランドを持っていると、新しいチームながら
かなり名の通ったチームと言うことで、帝●に行かれました。

1年後、私の息子がセレクションを受ける時期に来た時に、
こちらのお父さんに連絡して聞いてみました。

あくまで、一個人の意見ですが、『 失敗したかな 』”でした。

このお父さんの意見としては
新しいチームの為、結果を求める為に、勝利に至上主義だと。

3軍4軍なんかになっちゃったら、お金を払ってるだけですよ。
と言っていました。

これには、当時、何人か友達の行く、久●米と帝●を最後、迷っていた経緯が
ありました。

友達の行った久●米は、色々なポジションをやらせるが、
帝●は勝つ為に、ポジションを決めてしまう。

そこで入れなければ、・・・

あの時、あっちに行ってればと後悔されていました。

何度も言いますが、あくまで個人のこのお父さんの意見ではあります。

後悔しないチーム選びは、親の手助けも必要と思います。

息子の行っているチームもポジションは決めません。

監督曰く、ユース、高校になればある程度ポジションを決めて
育てられてしまう。

だからジュニアユース世代では
色々なポジションをやらせて、可能性を探ってあげるんです。

と言っていました。

監督方針がチーム方針です。

思い切って監督と話してみるのも手です。

練習会の際などに、話し掛けると
大体の監督は気さくに話してくれました。


ランキングに参加してます。

ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら 応援クリックお願いします。

 
人気ブログランキングへ 



【】 | セレクション
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


mayuさんこんにちは。
ハッピーダイス
mayuさんこんにちは。
返信が遅くなりまして、申し訳ございません。
息子さんが6年生でチーム選びはホントに悩むところですね。
オススメのチームとの事ですが、多摩地区とはいえ、どこのチームに行きたいとかありますか。
私も全部のチームを知ってる訳でなく、私の息子が対戦したチームから、そのチームに対する印象は、こうでしたよ。お伝えする事はできますが、漠然とオススメは難しいです。
すでに御存知かも知れませんが、まずは東京都クラブユースサッカーのホームページで近所にどんなチームがあるのか調べ、次に目星のチームの練習風景などを見に行ってはどうでしょう。
見るところは、監督とコーチの指導風景です。
ここで、チームカラーは大体解ります。
怒るチームが一概にダメではなく、練習中は叱咤激励の言葉は厳しくても、練習後のコミュニケーションがしっかりとれて、練習のONとOFFが切り替えられてるチームは、指導者が有る程度しっかりしていると思います。
練習中も和気藹々でやってるチームは楽しいでしょう。が、漫然とこれでは良いとは言えないです。
そこも練習の中で、ON/OFFがしっかり出来てる指導者がいるところが良いです。
後は、息子さんの本気度。
折角、息子さんが一生懸命やろうとしているのに、それに見合わないチームを選んでは勿体ないです。
今の時期からだと、まだまだチームを見て歩く時間はあります。
何チームか見ると雰囲気の違いが解りますので、色々なチームを見てみて下さい。
ただ、そのチームに入って良かったかどうかは、チームを引退する時しか解りませんので、チーム選びは最後は決断ですけど。
息子さんが最終的にどんなチームに入っても、このブログにコメントをくれたように、一緒に考えてくれるお母さんがいれば大丈夫ですよ。
中学生になると、子供の自主性を重んじなくてはいけないと思うので、チーム選びは、ここが良いんじゃない!と言うのではなく、あくまで資料選びを手伝ってあげて、こんなチームもあるよ!くらいが丁度良いのかも知れませんが。
親は日になり影になり、子供にとって最高のサポーターでありましょう。
頑張って下さい。



管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
ハッピーダイス
mayu様
狙ってるチームがかなり馴染みのあるチーム名が出てきて、ビックリしています。
確かに養・横は一学年20名程度ですし、設備環境は特筆しているかも知れません。
グランドも人工芝の自前ですし、シャワー室からバックボーンを含めて環境もかなり整ったチームだと思います。
両チームとも、東京ではトップレベルですし、同年代の代表にも呼ばれる子がいたりします。
高校になっても、Jのユースチームから声が掛かる子が何人かいるようです。
確かに一般のセレクションで受かる子はそんなに多くは無いようです。
養、はチーム内のジュニアから、すでにセレクションを受けて決めてる子もいますし、外部の子も目ぼしいのは、声がすでに掛かっているという噂が!噂ですよ。
実体は、ジュニアからセレクションをし、数人は外部から受け入れて、その上でセレクション。みたいです。
ただ、恐れる必要はありません。セレクションから受かる子もいるので、レッツチャレンジです。
本気で狙ってるチームでは、独断と偏見ですが、強いと思われる順番は、F・帝・多・A・J・コです。
年代によって違いはありますが、大きくは変わらないと思います。
いずれにしても、毎週毎週試合が行なわれるような、息子さんが満足できるチームだとは思います。
息子さんはサッカーバカですか。
あ!失礼。
でもこの言葉好きです。
本気になってる子供は応援したいですよね。
息子さんにもエールを送ります。
頑張って下さい!






管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/21(Fri) 16:45 |   |  #[ 編集]
mayuさんこんにちは。
mayuさんこんにちは。
返信が遅くなりまして、申し訳ございません。
息子さんが6年生でチーム選びはホントに悩むところですね。
オススメのチームとの事ですが、多摩地区とはいえ、どこのチームに行きたいとかありますか。
私も全部のチームを知ってる訳でなく、私の息子が対戦したチームから、そのチームに対する印象は、こうでしたよ。お伝えする事はできますが、漠然とオススメは難しいです。
すでに御存知かも知れませんが、まずは東京都クラブユースサッカーのホームページで近所にどんなチームがあるのか調べ、次に目星のチームの練習風景などを見に行ってはどうでしょう。
見るところは、監督とコーチの指導風景です。
ここで、チームカラーは大体解ります。
怒るチームが一概にダメではなく、練習中は叱咤激励の言葉は厳しくても、練習後のコミュニケーションがしっかりとれて、練習のONとOFFが切り替えられてるチームは、指導者が有る程度しっかりしていると思います。
練習中も和気藹々でやってるチームは楽しいでしょう。が、漫然とこれでは良いとは言えないです。
そこも練習の中で、ON/OFFがしっかり出来てる指導者がいるところが良いです。
後は、息子さんの本気度。
折角、息子さんが一生懸命やろうとしているのに、それに見合わないチームを選んでは勿体ないです。
今の時期からだと、まだまだチームを見て歩く時間はあります。
何チームか見ると雰囲気の違いが解りますので、色々なチームを見てみて下さい。
ただ、そのチームに入って良かったかどうかは、チームを引退する時しか解りませんので、チーム選びは最後は決断ですけど。
息子さんが最終的にどんなチームに入っても、このブログにコメントをくれたように、一緒に考えてくれるお母さんがいれば大丈夫ですよ。
中学生になると、子供の自主性を重んじなくてはいけないと思うので、チーム選びは、ここが良いんじゃない!と言うのではなく、あくまで資料選びを手伝ってあげて、こんなチームもあるよ!くらいが丁度良いのかも知れませんが。
親は日になり影になり、子供にとって最高のサポーターでありましょう。
頑張って下さい。

2013/06/29(Sat) 09:00 | URL  | ハッピーダイス #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/29(Sat) 12:10 |   |  #[ 編集]
Re: タイトルなし
mayu様
狙ってるチームがかなり馴染みのあるチーム名が出てきて、ビックリしています。
確かに養・横は一学年20名程度ですし、設備環境は特筆しているかも知れません。
グランドも人工芝の自前ですし、シャワー室からバックボーンを含めて環境もかなり整ったチームだと思います。
両チームとも、東京ではトップレベルですし、同年代の代表にも呼ばれる子がいたりします。
高校になっても、Jのユースチームから声が掛かる子が何人かいるようです。
確かに一般のセレクションで受かる子はそんなに多くは無いようです。
養、はチーム内のジュニアから、すでにセレクションを受けて決めてる子もいますし、外部の子も目ぼしいのは、声がすでに掛かっているという噂が!噂ですよ。
実体は、ジュニアからセレクションをし、数人は外部から受け入れて、その上でセレクション。みたいです。
ただ、恐れる必要はありません。セレクションから受かる子もいるので、レッツチャレンジです。
本気で狙ってるチームでは、独断と偏見ですが、強いと思われる順番は、F・帝・多・A・J・コです。
年代によって違いはありますが、大きくは変わらないと思います。
いずれにしても、毎週毎週試合が行なわれるような、息子さんが満足できるチームだとは思います。
息子さんはサッカーバカですか。
あ!失礼。
でもこの言葉好きです。
本気になってる子供は応援したいですよね。
息子さんにもエールを送ります。
頑張って下さい!




2013/06/29(Sat) 18:00 | URL  | ハッピーダイス #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/30(Sun) 21:29 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。