FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュニアユースに役立つ書籍やDVD


本には、良い本も、はっきり言って役立たずの本もあります。
すべての本にいえる事ですが、良い本のすべてが良い訳でなく、また役立たずの本も、すべてが悪い訳でなく一行くらいは参考になる言葉があったりします。
本当は、何かについて知りたいと思った時は、その同じテーマで、違う作者の本を最低3冊は読んで、それを自分の中に取り入れてから、判断するようにすると失敗は少ないと思います。

参考書籍を紹介します。




小学校高学年くらいから、1日5分くらいからの体作りの参考になります。
柔軟力や運動能力UPさせパフォーマンス向上には、やはり体幹力は必要でしょう。
「長友佑都」選手も実践しているトレーニングも公開されています。




子供は親の導き方で、左右されるところが大きいのは周知の通りです。そこで、親自身がどんな親になれば良いのか?参考にはなる書籍です。
こういう本の注意しなければいけないというか、読む方の注意しなければいけないのは、すべてを鵜呑みにして、その通りやれば良いではなく、あくまで自分の中に一回取り入れて、最終は自分で判断するけど、その参考にはなる程度として、読まなければいけないということです。




単純に足が速い遅いの前に、確かに走りのバランスが悪い子が多いのは確かです。それらを的確に直して上げられれば、基礎能力はアップするとは思います。その意味での参考にはなるでしょう。




子供にポンと買い与えるのではなく、親と子供とでサッカーをもう一歩詳しく知るには、今後は戦術に関しては必要になっていく分野かもしれません。



オシム元日本代表監修の本で、なぜ今更と思った人がいるかも知れませんが、単純にオシム氏の『考えて走るサッカー』が好きだからです。日本人に適した「考える走るサッカー」と「パスサッカー」を根付かせたからです。なぜなら、「考えて走る」ことは特別なことではなく、サッカーの基本だからです。



サッカー好きには、ボランチのまさに舵取りを楽しみに観戦したりします。もう少し理解しながら観戦する理解の助けにはなります。








【】 | 役立ちBOOK・DVD
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ジュニアユースに役立つ書籍やDVD本には、良い本も、はっきり言って役立たずの本もあります。すべての本にいえる事ですが、良い本のすべてが良い訳でなく、また役立たずの本も、すく一行くらいは参考になる言葉があったりします。本当は、何かについて知りたいと思った時?...
2012/05/05(Sat) 15:21:11 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。