FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
息子のチーム内でコーチに不満を持っている
子供たちがいるそうです。

コーチに怒られたや、何で俺ばっかりに言うんだよ。と
中には、コーチのやりたいサッカーに対して
不満を持っている子もいるみたいです。

子供が言ってる分には、大した問題とは受け取れませんが、
最近は、親御さん特にお母さんが不満を持ち始めてる様です。

今度、あるお母さんの計らいで、忘年会が予定されています。

その席で、不満を抱えてるお母さんが、コーチに文句言おうかしら。と
言っておりました。

そのお母さんは、練習には来た事が無く、試合もたまにしか来ない方です。

当然、不満の原因は、自分で見た訳ではなく、
子供の話から不満が生じてると思います。

ここで幾つか対応があります。

・そのままコーチに文句を言う

・コーチに聞く態度で話し合う

・練習、試合と時間許す限り見に行き、

 自分の目で状況確認する。

・息子を鍛える

それ以外にもあるとは思いますが、
どんな時も、対応を箇条書きして行くと
どれが下策でどれが上策かは、本人基準ではあっても
判断が出来て来ると思います。

私は、私の判断基準ですが、子供を鍛えます。導きます。

自分中心に地球は回っている訳では無いよ、相手を変え様とする前に
自分が変わる努力は必要だと。

不満を持っている子もいるが、コーチを信じて必死に
着いて行こうとしてる子供も沢山いるじゃないか。

自分がセレクションを受けてこのチームに良くて入ったんだろ。

強引に連れて来られた訳でなく、自分がここが良いと思って
入っておいて、気に食わないから相手を変え様するのは無理があるよ。と

中学、高校の年代は、子供から大人になって行く過程の
トレーニング年代だと思っています。

サッカーを通じても、そこは勉強させてトレーニングして行かなければ
いけない所だと思います。

お父さんは判ると思いますが、社会に出れば自分の
思い通りにならない事など山ほどあります。

どんな素晴らしい企画も、10に1つも通れば良いでしょう。

イヤな上司もいれば、問題ばかり起こす部下もいます。

上げればきりが無いですが、ようは自分の思い通りに
100%行く事は無いよ。です。

そんな中で、協調性とアイデアと負けない心。それで
自分が正しいと思う事を、築いて行くしかないと思います。

気に食わないから、いきなり相手を変え様としても
絶対に相手は変わりません。

相手は、自分の鏡です。

コーチと子供も同じです。

子供が努力によって変わろうとする時、
コーチもその子に対して変わって行くものです。

世の中には、確かに変わり者のコーチもいるかもしれません、
言わないと判らない人もいるかもしれませんが
しかしそんな人を相手にしても、たぶん言っても判らないと思います。

それよりも、自分の子供を
大好きなサッカーと絡まして、導いてあげた方が良いと思います。

サッカーだから乗り切れる事。というのはあると思います。

それを繰り返して行くうちに、乗り切れる力が付いて行くと思いますよ。

コーチに文句を言っても、目先は変わる事はあっても
本質は変わらないです。

子供に目を向け、乗り越える手助けをして行ったほうが
良いと思います。




お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。


参考
上達マニュアル集
元Jリーガーの上達マニュアルやプロの上達マニュアルを集めました。

上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。


ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 



【】 | コーチについて
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック