FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュニアユースの運動量

試合中の運動量についての考察。

運動量のテーマを試合中とあえて付けました。

息子のチームを見ていても、
本当に、運動量は大事だとおもいます。

どんなに上手くても、運動量の少ない子は
中々、レギュラーや先発には入ってこれません。

試合を見ていても、上手い子より、多少技術で劣っていても
走れる子の方が、はるかにチームの為になっていると思えます。

チーム全体を見ていても、技術や戦術を練習するより
チーム全体が、今より1.5倍走れれば、2倍強くなるんじゃないか?
と思える程、運動量は重要です。

では、テーマの試合中の運動量について
チームも良く走り込みをしてますが、
走り込み上位の子が、必ずしも試合で走れているかと
言うとそんな事は無い様です。

何故かと言うと、試合中に必要な運動量は、
マラソンと違いダッシュが
必要だからです。

デイフェンスの時は、ダッシュは
しなければならないからしますが、
攻撃の時に試合中に、
何本ダッシュが出来るか、
どれ位の長さ、距離をダッシュ出来るか、
チームの為に、どれだけ効果的な、無駄走りを出来るか、

大事な運動量です。

そこには、疲れてるけど走ろうと言う
メンタルの強さも必要になります。

これが、試合中に必要な運動量だと思います。

走り込みで下位の子は、当然試合でも
走れていませんから、この子はがんばれ!

せっかく、走る事が出来る子は、
試合中の効果的な走りを、覚えれば
もう、ワンランク、ツーランクレベルが上がると
思います。

走るサッカーを改めて考えて行きたいと思います。



お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。


参考
上達マニュアル集
元Jリーガーの上達マニュアルやプロの上達マニュアルを集めました。

上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。


ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 



【】 | スピードと運動量
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。