FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜に公式戦がありました。

対戦相手は何度も対戦しているチームです。一年の頃から公式戦やカップ戦と対戦を繰り返し、一年の頃は負けか引き分けしかないチームでしたが、最近は勝つ事が増えて来ていました。

最近の流れからいうとチャンスは大いにあるのではないかと期待しての観戦でした。

結果は、公式戦の負けがまた一つ増えてしまった結果です。

しかし内容は、前半戦は息子のチームが一方的に攻めて、明らかに力の差を感じさせてくれる内容でした。

攻めて攻めて相手の陣内での時間がほとんどでした。

しかし点が入りません。

何本シュートを打ってもわずかな差で嫌われて得点にはなりません。

こう言う展開で得点が出来ないと絶対に流れが変わっちゃうな。と心配しているとその時はすぐに来ました。

息子はトップ下で入っていましたが、中々得点が出来ない事に、自分がトップの位置に入ってトップの子を下げる指示をしています。

その瞬間、違うだろう。と思っていると一気にカウンターを食らい、味方の子がファールで止めてしまいました。

ここでもしっかり対応していれば良かったのですが、自分が前線に残りディフェンスに入りませんでした。

それを見たコーチが息子にデイフェンスに入るように指示しましたが、入ったか入らないかのタイミングで蹴られ、相手の頭をかすった程度で失点してしまいました。

息子の役割としては、マークに付かずにフリーマンでスペースを埋めて、ラインをコントロールする事でした。

一番埋めなければいけないスペースを埋めずに、中途半端のポジションのままで蹴られた状態でした。

ここでもしっかり守るべき所でした。そしてその前の展開でも、前半で試合展開は明らかに味方の流れではあったので、しっかりディフェンスから組み立てるべきでした。

少なからず、味方の展開が良かったのは、中盤が支配出来ていたからでした。

試合の流れ、組み立て、展開の読みが息子にはまだまだ甘かったです。


ここまでは試合運びは良かったので、続けていけば良かったものを後半からは、得点をあせってか裏裏ばかりのサッカーになってしまいました。

何で?相手のディフェンスを見れば、何が得意で何が苦手かもう少し判るだろう!と思ってしまいました。

ディフェンスとボランチの間で、もう一つショートパスを繋ぐか、ポストプレーを味方にさせる展開で全然変わったと思いますが、馬鹿の一つ覚えの如く裏から抜け出すしか考えないサッカーでした。

息子には試合中にもう少し考えてプレーする事を覚えて欲しいと思います。


そして翌日には、練習試合がありました。

対戦相手は、こちらも良く対戦するチームです。前日のチームともこのチームは良く対戦し、息子のチームと合わせてこの3チームはレベル的には、同等のレベルと言えるチームです。

この練習試合は、前日の公式戦とまったく違うサッカーをしていました。

帰ってから息子に聞くと、浮き球、ロング禁止のショートパスのみしか使えない試合だったそうです。

また一年前に逆戻りです。

コーチも大変だな。と同情します。

この日の試合結果は、30分を6・7本やって全勝。

帰って来た息子は、『今日みたいな試合が面白い』と言っていましたが、コーチとしても本人達に気が付いて欲しいだろうな。重ね重ね同情してしまいました。

試合の中で、考えて切り替えて自分たちで試合を組み替えられたら、息子のレベルももう少し上がるのかな。


お父さんお母さんが 本気になって子供をサポートしたいと思った時 読んで下さい。


参考


食事とサプリメント



トレーニングと同様に大事な食事について +サプリメント


おもしろサッカーグッズの諸々



便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD



書籍は子供に買い与えるのではなく 自分が読んで理解して、子供を導いた方が 100倍理解すると思います。


ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら 応援クリックお願いします。


  人気ブログランキングへ 





【】 | 試合について
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。