FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、練習中にコーチの顔も見たくない!こんな所でサッカーなんか出来ない!と言って帰ってしまった子の件を書きました。

私も内心、今日は来ないだろう。と思っていました。たんかを切って帰った手前、来ない方が楽だからです。

しかし今日、ちゃんと来ていました。この子も立派ですし、親御さんもホントの子供の理解者ですね。

自分のやりたいサッカーとチームがやるサッカーが違っていたとしても、チームに合わせなければいけない。チームの中でどの様に自分の力を発揮するのかを考えなければいけないという事を理解しなければいけません。

サッカーなので、例えをプロサッカーで考えてみても、

プロチームにいたとしても、監督というのはどんどん変わっていきます。監督が変わればシステムや戦術が、基本すべて変わってしまいます。

自分の考えと監督の考えが違っていても、基本は監督の方針でチームは作られていきます。そこで自分の考えと違うと頑なになれば、使えない人になりますし、追い出されるかもしれません。もしくは自分から出て行く事になります。

クラブチームならいいですね。飛び出しても他のチームがありますから。でも代表ならどうでしょう。代表で生き残りたいと考えれば、監督の方針の中で、どう自分が仕事が出来るのか。どうやったら自分の能力が生きて来るのか考えていかなければいけません。

実際に代表に生き残る優秀な選手は、テクニック以外にも、自分の役割を理解しています。


これは、サッカーの世界だけでなく、一般の企業社会にも通じます。

上司が変わる事は、日常的に起こりうる事です。上司が変われば指針が変わります。その中で、やり方のそぐわない上司なども当然出て来ます。

では、そりが合わない度に、転属願いを出したり、会社を替わる分けには当然いきません。

その方向性の中で、自分の能力を発揮する方法などを構築していかなければならないのです。


遠回しの言い方になりましたが、ジュニアユース世代は、子供から大人に替わりつつある年代です。

大人になる練習期間の世代です。サッカーを通じて、知らない内に大人になる練習をしているとも言えるのですね。



★ジュニアユース世代には少し早いかもしれませんが、メンタルコントロールの参考になる一冊だと思うのがリーダーになるために 新装版です。


ブックオフオンラインモバイルなどでも古本で安く出ています。



お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。

参考
食事とサプリメント
トレーニングと同様に大事な食事について
+サプリメント

おもしろサッカーグッズの諸々
便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。



ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 




【】 | メンタル
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。