FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生との練習試合が急遽組まれました。

息子は、アピールするチャンスと張り切って出かけました。

親父としても、どんなものかと楽しみに観戦に行きました。試合は2試合組まれて、1試合目が一軍で、2試合目が2軍で試合はおこなわれました。

息子は、先発組は外れて1試合目の後半から出場しました。後半に2人メンバーチェンジがあり、その内の一人として交代して出場となりました。

対戦相手の高校は一般の都立高校です。正直な所、レベルは決して高いとは言えませんでした。結果も息子のチームが大差で勝利していました。


今日、感じた事は勝敗や息子がどうの!ではなく対戦相手の子に感じてしまった事です。

技術に差を感じてしまったことです。

戦術や戦術眼ではなく、単純にボールを止める!蹴るといった基本です。

これは高校生になってからの練習では埋まらない技術と感じました。

各年代で上達する技術というものはあると思います。やはり小学生のジュニア世代にやっておかなければいけない練習というものがあります。これを高校生なってから伸ばそうと思うと中々難しそうです。

息子も、ジュニアユースで3年にもなってくると、ホントにジュニアの時の基本技術がその後の土台になっているなと感じてしまいます。

ジュニア、ジュニアユースのそれも1年か2年までには、培っておかなければいけない『感覚』は重要だなと思いました。

漠然と練習に取り組むのではなく、各年代の練習をしておかなければいけない事を、長期のプランニングしていかなければと改めて、強く感じてしまいました。


子供はいいのです。

目の前の楽しいサッカーをしていれば。


ただ、周りの大人たちが楽しいサッカーの中に必要な事を組み込んで行かなければいけないと思います。もちろん優秀な監督やコーチ達は、その世代に必要な要素を取り入れて練習を組んでくれます。

しかし監督、コーチは子供の個別ではなく、チームに必要な練習をしていってしまいます。

子供の成長過程の早い子と遅い子の差は、だいぶあったりします。やはりそこを見て上げられるのは親しかいないのかな。とも思います。

ジュニア世代などは、難しく考える必要は無いと思います。チームでおこなっているような練習を、公園で子供に付き合って練習してあげれば、出来ない事なのか、今練習していけば上達していきそうなのかは、すぐに判ります。

楽しく反復練習出来る工夫を考えてあげれば良いですね。



★なんか本で参考になる本などで探していればジュニアサッカー―小学生の練習メニューなどはとても参考にはなった本です。

古い本なので、古本で良ければ100円以下でたくさんあります。ブックオフオンラインモバイルなどの古本で探せば安い本がいくらでもあります。良かったら参考までに探してみて下さい。


お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。

参考
食事とサプリメント
トレーニングと同様に大事な食事について
+サプリメント

おもしろサッカーグッズの諸々
便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。



ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 





【】 | 上達
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。