FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が息子よもう少し大人になれ。


息子はチーム内で公式戦の2試合、出場停止!!!

5月に入ると公式戦が立て続けに始まりますが、息子は2試合出場停止になりました。

チーム内で手を出してしまったのです。

元々、勝気がありラフプレーの多い対戦相手に一人でも立ち向かって行くタイプでした。今回はそれが悪いほうに出てしまいました。

センターバックを任されるようになって、全体をコントロールする様になった事や、コーチから練習や試合で一生懸命やってない奴は、お前が引っ張って行けなどと言われていました。

やろう!とする意識までは良かったのですが、試合で結果が出ず、失点を重ねて行く内に指示が指示で無くなり、怒声に変わっていったのです。

何とかしなければいけない意識が間違った方向に行ってしまいました。

練習中なども、手が出たのは一回などでは無く、複数回手が出ていたようです。

それが段々エスカレートしてしまいました。

コーチ達が気が付いた時には、チーム内の何人かは息子を怖がっていたそうです。


正直、その話を聞いた時にはショックでした。

親父としても息子にそれはもう、イジメと変わらないんだぞ!いや、それはもうイジメなんだ!

こんこんと話し合いました。


息子は、坊主にしてチーム内で謝り、また手を上げた子に一人一人謝ったそうです。


ただ親父としては、それでもケジメを付けなければいけないのではないかと考えていました。

大人になって行く過程の中で、自分のやってしまった事にはちゃんと責任を取らなければいけないのだと教えなければと思いました。

息子にとってサッカーは命。大げさかもしれませんがサッカーしかありません。その息子からサッカーをケジメとして辞めさせようと思いました。

やってはいけない事をやった時には、その責任を取らなければいけないと言う事を知って欲しいと思ったからです。

しかし息子は、みんなからチャンスを貰いました。

まず同じチームの父母からは絶対に辞めさせてはダメだよ。と、もう会うのもイヤだと辞めてしまった方が絶対に楽だよ!だけど坊主にして一人一人に謝って頑張って来ていることがケジメを付けているんじゃないか。と言って頂きました。

監督、コーチからも辞めるより今後どうやって信頼を取り戻していくかのほうが大事ではないか。と言って貰い。尚且つ子供たちからは、嫌いな分けではない。手を出されなければこれからも一緒にやって行く、と言ってくれてるそうです。

やはり手を上げてしますのは、絶対にやってはいけない事です。特にチームメイトであり仲間なのですから。

息子自身も行き過ぎた事には十分反省はしているようでした。


まさに大事なのは今後です。

信頼を取り戻すよう頑張ってくれればと思っております。




お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。

参考
食事とサプリメント
トレーニングと同様に大事な食事について
+サプリメント

おもしろサッカーグッズの諸々
便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。



ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 






【】 | メンタル
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。