FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

距離感をもっと大切にしろ!

地震の影響で春合宿が無くなった為、ここ数週間は強豪チームとの練習試合が連続して行われています。

東京でも上から数えて片手で足りるようなチームばかりでホントに強いチームです。

Jのジュニアユースに大敗を喫した試合もありましたが、この数試合で急激に進歩しました。特にディフェンスからの組み立ては急激に成長したように感じました。

ディフェンスがボールを維持した際に今までは、無理にでも前に前にボールを運んでいました。しかしここ数試合は強豪チームが相手でも慌てる事無く、速攻と遅攻の判断が良くなっています。

遅攻の時はディフェンスラインでボールを回しサイドを上手く絡めながら、良い展開が出来ています。

なぜ安定したのかは、ボランチに当たりの強力な子が入り、アンカー的な位置でディフェンスラインの前をしっかり埋めてくれているからです。

なので試合結果もトップクラスにも0対0や1対1と引き分けくらいには持ち込めています。


前置きが長くなりましたが、今回の『距離感』は取った後の距離感です。

対戦相手が強い為に、ディフェンス時は全体が絞って相手を一気に2人3人で囲って奪取に行きます。ここまでは上手く機能し相手に自由を与えずに上手くいっていました。

しかし取った後の距離が全員一緒になっていました。

ボランチとセンターバックで奪取した瞬間に距離感の厚みがないのです。

トップの2人は同じ距離感で待ち、トップ下も2人が同じ距離感でいるのです。

取った時に、トップの遠すぎる2人と近すぎるトップ下の2人のイメージです。

近すぎるからパスを貰ってもすぐに囲まれてしまいます。だから相手よりも忙しいサッカーになってしまっていました。

近い子と、その子から3m~5m離れた子がいると近い子に一回当てて、また貰い直してから少し遠い距離にいる子にと楽に展開が出来るのですが、現在はディフェンスを意識する余り全体が近すぎていました。

息子はセンターバックのポジションなので失点しないように考えるのは当然なのですが、人数バランスとボランチとトップ下の戻す位置が皆、深くなりすぎていました。

息子には、奪取した後の事も考えて、ディフェンスの前の選手の距離感も考えながら指示してやってみろ。と言ってはみました。

はたして何処まで理解して出来ることやら?





お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。

参考
食事とサプリメント
トレーニングと同様に大事な食事について
+サプリメント

おもしろサッカーグッズの諸々
便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。



ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 




【】 | 距離
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。