FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのチームを見る時、サイドバックを観ています。

東京でも、5本の指に入るような強豪チームは、どこのポジションでも上手い子はもちろん、基礎能力の高い子が揃っています。

しかしその下くらいに位置しているチームを見る時は、サイドバックを見ていると面白いです。

チームのシステムにも寄るので一概には言えませんが、サイドをサイドバックに使わせてるチームはサイドバックを見ていると面白いのと強いかなが分ります。

キーパーからのセンターラインはそれなりの能力の子が揃っています、中にはタレント性を発揮して上手いなーと関心する子もいます。

しかし見てすぐには判断出来ない時に、サイドバックを見ていると、強いチームはすぐに分ります。


先日、1年生の試合を見ていました。

息子の年代ではないので、どこのチームが強いのか良く分りませんでした。

ボーと見ていると、お!お!と目に留まる子がいましたねー。

左サイドバックの子ですが、オーバーラップのタイミングが素晴らしい。

しかも何度も何度もオーバーラップを仕掛け、対峙する相手よりも外を回るので長い距離を走っているにも関わらず繰り返して、走り勝っていました。

時には、右サイドから攻め上がっている時に、左サイドバックのこの子は、自陣深くから中央をずーと走りこんで相手のゴール前まで走り込んでいました。

相手の子も付いていましたが、感覚的にもうこの辺で止まるだろうと思う所から、さらに止まらずに走りきっていました。

この走力を武器にして、テクニックもありました。

ほとんどワンフェイントで抜きに掛かっていました。

本来、ワンフェイントで抜ければ理想です。ただ相手も一回のフェイントでは中々バランスを崩さないので、フェイントを組み合わせるのですが、この子は、崩れてるかの見極めが良かったです。

余計なフェイントは使わないのです。

折角、ワンフェイントでバランスを崩してるにも関わらず、もう一回マタグ子がいます。余計な一回です。

自分が何回マタグではなく、マタギの連続の中で、相手のバランスを崩した瞬間の見極めが良かったです。

結果、ワンフェイントで抜ける場面も多くなりました。

こんなサイドバックのいるチーム。

もちろん勝っていました。




お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。

参考
食事とサプリメント
トレーニングと同様に大事な食事について
+サプリメント

おもしろサッカーグッズの諸々
便利商品を紹介しています。

上達マニュアル集
元Jリーガーの上達マニュアルやプロの上達マニュアルを集めました。

上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。


ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 





【】 | サイドバック
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。