FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
アウトサイドキックを使いこなそう。

アウトサイドキックは、ロングキックには適しないキックですが、
ショートパスやミドルショートパスには最適なキックです。

このキックの特徴は、
モーションが無く蹴れるやタイミングをズラせる。があります。

モーションが無いは、
インフロントにしてもインステップも
蹴る前の動作はあります。

足を振りかぶるモーションです。

アウトサイドキックは足首だけでスパッとした
パスが出せます。

ノーモーションで足首だけで出せるキックです。

結果、相手のタイミングをズラせます。

通常のキックですと、モーションがあるので蹴るタイミングが
分かり相手に足を出されてブロックされたりします。

アウトサイドで足首だけでスパッとパスが出せる様になれば
狭い窮屈な所からも相手の足が出る前にパスが出せます。

走ってる状態からも、蹴るモーションなくパスが出せるので
このキックをもっと使いこなせる様になると
サッカーのアイデアもまた広がります。

自分の位置から、パスを出せる角度も広がって
一つ武器が増えた様に自信にもなります。

もっともっと試合の中で使えてる子が増えれば
もっとサッカーが楽しくなります。

イメージは足首だけではたく様にスパッです。 



ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 



スポンサーサイト




【】 | キック
トラックバック(0) |
サッカーにおいて、当たり前の事ですが、
キックはとても重要な要素です。

ボールを蹴るスポーツですから当然です。

今更、何を。と思うかもしれませんが、
その当たり前のキックが、意外とまともに蹴れる子が
少ないのが現実でした。

ボールを見て蹴る!と言うのは基本だと思いますが、
見てるつもりのキックが意外と多いと思いました。

ボールに足が当たって、ボールが変形する瞬間くらいまでボールを
見た方が良いが、その瞬間に目が離れてしまっている。

見てるつもりキックになってしまっている。

止まっているボールのキックは上手いが、
ボールが動いていたり、弾んでいると
ヘナチョコのキックになってしまっている。

そこが、見ているつもり、キックです。

ジュニアユース世代でもっとキックのレベルは上げた方が良いですね。

ただし、ある程度右足何本、左足何本と決め手やった方が良いです。

一本一本集中して蹴る!と言う意味合いと

キックは練習をやりすぎると、膝の怪我にも繋がりやすいです。

本数は少なく、集中しての練習が良いです。 


icon 

ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 





【】 | キック
トラックバック(0) |