FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
息子は、今怪我をしております。

その予兆はありましたが、気づいて上げられませんでした。

ある日、『キックする時、感覚がズレる』と言って帰って来ました。

なんだそれ、意味分かんないよと思っていましたが、
その後、痛みが出てひどくなってしまいました。

どうやら、この世代の成長期に観られる事らしいのですが、
自分の成長と感覚がズレる事があるそうです。

ズレと痛みは別でしたが、
痛みの原因は、骨の成長と、筋肉や靭帯の成長が合わず
ひどくすると剥離骨折になる症状だったとの事でした。

元を正せば原因は同じだったと言う事でした。

ズレを訴えた時に、気をつけなければいけなかった様です。

結局、息子は2次を棒に振ってしまいました。

この世代特有の怪我もあるようです。

皆さんも気をつけて下さい。




ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 



スポンサーサイト




【】 | 怪我に注意
トラックバック(0) |
4次リーグの2戦目は右足の付根が痛むと言う事で
出場せず、本日病院に行きました。

今回は、肉離れも越していると言う事でした。

この肉離れもちゃんと治さないと、別の筋肉と
くっついてしまうとの事で、
『しっかり直せ』と重々、医者に言われて来たみたいです。

今回の怪我は、それほど大事には至りませんでしたが、
同じチームのお母さんの話では、
ジュニア時代に、同じように股関節痛から入院になってしまった子の話しを聞きました。

その子は、ずっと足の付根が痛かったらしいのですが、
大会も近いと言う事で、ずっと黙ってプレーを続けていました。

ある日から、39度以上の熱が続き原因が判らずにいましたが、
大きな病院に診て貰った所、股関節の所が炎症を起こしており
それが原因で熱が出ていたと判りました。

なんと、そのまま10日間も入院になってしまったとの事でした。

子供に寄っては、痛くても無理をしてしまう子もいれば、
少し痛いだけで、すぐに休んでしまう子もいます。

痛みは本人しか判らない所があるので
判断は難しいですが、
大事に至る事もある。との基準で判断をしなければいけないのかな。と
今回の話を聞いて思いました。

ちょっとの事で、すぐに休んでしまう子には
ついつい頑張れ!と言ってしまいがちですが、
言う前に、もう一度しっかり見極めようとしなければいけないと
改めて思いました。




お父さんお母さんが
本気になった時に参考にして下さい。




参考
上達マニュアル集
元Jリーガーの上達マニュアルやプロの上達マニュアルを集めました。

ホントに上達するBOOK・DVD
私が、参考になりました。


ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 








【】 | 怪我に注意
トラックバック(0) |