FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
改めて親父。頑張る!

最近、本当に上手い子を沢山見る中で、やはり生まれ持った能力なのかな?センスなのかな。と思ってしまう事があります。

ジュニアユースで活躍している子達の中で、ジュニア時代から知っている子も何人かいます。

この子達は、やはりジュニア時代より頭角を現し、東京都で優勝していたり、全国で戦っていました。

ジュニア世代の時に、5年生ながら6年生の大会に出場して、東京で優勝してしまう子。ジュニアユースの2年でJのユースクラブから声が掛かる様な子に、ジュニア時代やジュニアユース時代には大きな差を付けられていたとしても高校、大学になって行く過程で追い越して行く事は出来ないのかな。と言う事です。


親父の決意とは、このような生まれ持ったセンスがある子達に努力で勝てないものか?と言う物です。

結論から言えば、出来ると思っています。

何を努力しなければいけないのかを、しっかり把握して伸ばす所をしっかり伸ばす。克服しなければいけない所をしっかり克服していけば、センスのある子をも、追い越すことは可能だろうと思っています。

ただ漠然と一生懸命努力するだけでなく、何をするのかをしっかり理解して練習に取り組めば、必ず上達はします。

練習はウソはつかない!とは良く言われます。間違いなく練習しなければ上達はしません。言い換えれば練習をすれば、どんどん上達します。

しかし、ただボールを蹴っていれば上達するのかと言うと上達はしますが、センスの子を追い抜ける程の上達は難しいでしょう。

なにを練習した方が良いのかを理解しながら練習すると言う事が重要です。

何を練習した方が良いのかは個々によって変わりますが、なんとか理解して練習に取り組めるように、読んでくれてる方の参考になる様に、改めて親父も頑張って行こうと思います。

努力をする人には、必ず努力が実って欲しいと思います。その為のサポートや考え方の手助けが少しでも出来る様に親父も頑張ります。




お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。

参考
食事とサプリメント
トレーニングと同様に大事な食事について
+サプリメント

おもしろサッカーグッズの諸々
便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。



ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 










スポンサーサイト




【】 | 日記
トラックバック(0) |
大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

正直な所、サッカーの事を考えてる場合で無く、しばらく更新していなかったです。

当然、息子のサッカーも練習はおろか、試合も無くなり春合宿もなくなりました。公式戦もリーグ戦からトーナメント戦に変更して試合数を減らす様です。

これだけの事態であり、対応としては当然です。

ここで、息子たちと今何をしなければいけないかを考えなければいけないと思います。被災された方たちに対して、自分達が何が出来るのかを。

現場に行ってボランティア活動をするのも、今の段階では現実的ではありません。もっとすぐに出来る事をやって行こうと思います。

息子達とも話し合い、まず我が家では買い溜めはしない。こんな所で買い溜めして、ホントに必要としている被災地にその分が届かなかったらどうするんだ。との思いです。

エネルギーも出来るだけ使わない様に、家族全員で工夫する様に心掛けています。

今出来る事を考えて、ちょっとずつでもやって行こうと思っています。


サッカー小僧の息子は、近所の公園に毎日練習に行っています。

改めて、サッカーが出来る事は当たり前では無いのだと。サッカーが出来る喜びとありがたさを感じて欲しいと思います。






お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。

参考
食事とサプリメント
トレーニングと同様に大事な食事について
+サプリメント

おもしろサッカーグッズの諸々
便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。



ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 







【】 | 日記
トラックバック(0) |