FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
ドリブルは必要ですか?の質問には
絶対必要だと思います。

息子のチームにも、絶対突破ドリブルが出来れば
レギュラー取れるのにと思う子がいます。

この子は、背は低いですが、テクニックはホントにあります。

1年の時は、先発にも入ったりしていて、背の低さを補う物は
十分に持っていました。

この子の、良い所の特徴はスペースへのパス出しや
自分がスペースを見つけて走り込んだりの
スペースの使い方が上手です。

もちろんテクニックはありました。

では、
なぜレギュラーから外れてしまったのか。

パスしか出せない。からです。

ドリブルが出来る子がパスを出すのと、
パスしか出来ない子がパスをするのでは状況が大きく違います。

センターラインより、相手陣内に5mほど入った所で
前を向いてボールを持っている状況があったとします。

自分にディフェンスが距離を詰めて来ます。

7m程離れた斜め前に味方の子が、左右それぞれにいたとします。

その左右の味方にもディフェンスが見ています。

ここの相手ディフェンスのポジショニングに違いが生まれるのです。

突破のドリブル出来る子と
パスしか出来ない子の違いによってです。

ドリブルで仕掛けて来るんじゃないか、と相手のディフェンダーが
思うと、抜かれた後の事を考えてカバーが出来る位置に入ります。

抜かれた時と、パスを出された時の両方対応出来るポジションを取ります。

結果、味方にパスを選択しても、味方にボールが渡った時に
数秒の時間が生まれます。

しかし、こいつはパスしかないと思われると
相手のディフェンダーのポジションがカバー寄りではなく
パスを待ってる味方に近くなっています。

そうなると、インターセプトを狙われたり、トラップした瞬間を
狙われてしまします。

突破ドリブルで何回か仕掛けると
仕掛けないパスを選択した時でも、パスを通りやすくなったり
味方に数秒の時間を作ったり出来るのです。

この積み重ねが中盤を支配する方とされる方の違いになります。

ここが、突破ドリブルが出来る子がパスをするのと

パスしか出来ない子との大きな違いの一つです。

現在は、パスサッカーが主流ですが、
パスサッカーの為のパスしか出来ないのでは
通じなくなります。

パスサッカーの為にも、突破ドリブル能力は
絶対に必要ですよ。


お父さんお母さんが
本気になった時に参考にして下さい。


参考
上達マニュアル集
元Jリーガーの上達マニュアルやプロの上達マニュアルを集めました。

ホントに上達するBOOK・DVD
私は参考になりました。


ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 















スポンサーサイト




【】 | 突破のドリブル
トラックバック(0) |
突破ドリブルの練習方法で
はっきり言って、これをやればスイスイ抜ける秘術なんて言うのは無いです。

残念ながら。

やはり練習しかないのです。

人より上手くなろうとしたら、人よりボールに触り、 人より練習しかないです。

しかし、何も考えずに練習するよりは、ポイントやテーマを持って練習した方が、絶対に上達するというのも真実。

幾つかのポイントを意識しながら練習していきましょう。

突破ドリブルの練習ポイントが幾つかあります。

・インターセプトの一歩目が重要
・5mのダッシュ力
・得意技を身に着ける
・左右の足でドリブル
・間合い感覚を身に着ける


ジュニアユース世代は、上記を磨くだけでも 、突破のドリブラーになれます。

ぜひ練習を頑張って下さい。

以前に書きました、
《突破する事を発想する》突破する事を 、選択の一つに常に持っている事を前提にします。

各項目は随時、記するとして、
ここでは、・インターセプトの一歩目が重要について。

・インターセプトの一歩目が重要

インターセプトやパスを受けてトラップした時や
次のやる事が重要です。

次のボールを運ぶ位置が、
パスの為の位置なのかドリブルの為の位置にするのか、
ボールが来る前や来た瞬間に判断して、
ドリブルと判断したらスピードに乗れる位置にボールを運ぶ
重要です。

他のチームも含めて、突破のドリブルが出来る子は、
インターセプト(パス貰った)をした一歩目か二歩目には
スピードに乗れる位置にボールを運んでいます。

相手との距離感もありますが、
ボール位置が足元でなく、通常より前目にボールを運びます。

また、運ぶ角度も相手が近くに迫って着ていたら
相手に対して鋭角にボールを運びます。

ドリブルに入る一歩目のボールの運ぶ距離と角度が
重要です。

突破のドリブルに入るには、
インターセプトやパスを受けた瞬間に
一番に寄せて来た一人目の相手をどういう状態で交わして
スピードに乗れるかで、第一段階の勝負が決まります。

練習の1対1みたく、正面から相手が来て
仕掛ける方も相手だけを見て、ゆっくりゆっくり行ってパ!みたいな
1対1の状況は試合中はあまりないです。

・インターセプトの一歩目が重要では
具体的に何を練習した方が良いではなく、
ファーストタッチかトラップした次のボールを運ぶ位置が重要だと
理解して、ミニゲームや練習試合などで意識して練習して下さい。

上記5項目で一つとも言えるので、
ここでは、ファーストタッチでボールを運ぶ位置が重要と
理解貰えれば良いと思います。

参考までに



お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。


上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。


ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 


【】 | 突破のドリブル
トラックバック(0) |