FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
息子のチームで練習試合がありました。

息子は、センターバックで3本出場しました。

相手は2本は1軍、1本は2軍でした。

2軍相手には、無失点で試合も勝ちましたが、
1軍相手には、2試合とも3失点とかなり課題の残る内容でした。

やはり、センターバックは難しいポジションであり、
1対1での内容の前に、どう組織で守るかに課題がありました。

センターの位置から、味方、相手、スペースを常に把握しなければ
いけないが、体の向きが良くなかった。

サイドからの相手の攻撃に対して、体がサイドに向きすぎていて
全体把握が出来ない体の向きになってしまった。

もう少し正面のオープンに構え逆サイドも、
見える準備は必要でした。

距離感もセンターを意識しすぎてか
深くカバーをし過ぎていた。

ボランチやもう一人のセンターが当たりに行った時、
もう少し距離を詰めていればインターセプト出来る所を
距離がありすぎて、1対1の繰り返しを作ってしまいました。

相手フォワードが深く入ってきて、センターの息子がついた時、
相手フォワードが一回自陣の方に戻った際、
マークを外してポジションに戻って来た。

ここでマークを引き渡さなかった為、相手のフリーを作り
そこから相手に良い様に展開されてしまっていた。

体の向きは意識を変えれば出来て来ると思うが、
距離感はまだまだ経験値が必要になりそうです。

マークの距離感、カバーリングの距離感、どこまで相手について行くのかの距離感。

センターバックは個人で何が出来るかだけでなく
組織でどう出来るかが重要になって来ますので、
まだまだ課題が有りすぎて、先が思いやられそうです。

一つ一つクリアーして行って貰いたいと思います。





上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。






ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 



スポンサーサイト




【】 | 試合について
トラックバック(1) |
ここ数週間息子の試合を観ていて、プレーが一つ多くなったなと感じてしまいます。

ここ数試合は、全部トップ下での出場ですが、パスを受けてからのプレーが全部一個多いのです。

トップ下の位置で味方からパスをもらう時に、相手ゴールに対して背を向けて受ける事も多々あります。

ここで、パスを受けながらターンした状態。ここです。

パスを受けながらターンをして、前を向いた状態でもう一回ボールを落ち着かせてしまうのです。

もちろんそのプレーでも良い時はありますが、落ち着かせるプレーの時に、出した方が良い時もあるのです。

前を向いた瞬間に味方が走り込んでいて、ここで出さないといけないタイミングの時に勝負のパスではなく、安全の方を取ってしまうプレーです。

確かに最近は高校生としか試合はしていない状況の中、それなりに結果は出ています。

出ているようにも見える?といった状況でしょうか。

相手の高校によっては、1年生のみで相手をしてくれる高校と、3年まで全員揃ってAチームから相手してくれる高校とがあります。

相手チームが1年生のチームやBチーム以下であれば、かなりの勝率で勝っています。

しかし相手チームがAチームで来た時は、7点8点取られる試合が3試合ほどありました。

もちろん3つも年上であれば基礎能力も違いますが、やはりスピードが違います。

寄せのスピードも違いました。

寄せられた時に、ひとつ多いプレーが致命的になっていたのです。

いろいろなポジションをやらせて貰えるメリットもありますが、同時にデメリットもあるものです。

しばらくセンターバックをやっていた為に、正確なパスを重視する比重が高くなっているのです。

もちろんそれも大事な事ですが、もっと早く正確にプレーしなければいけないという事です。

デメリットをデメリットのまま終わらせるのか、メリットに変換出来るのかはしっかり考えてプレーをしていかなければいけません。

別なポジションをやって伸びた能力の方に、次の能力を近づけなければいけません。



お父さんお母さんが 本気になって子供をサポートしたいと思った時 読んで下さい。


参考


食事とサプリメント



トレーニングと同様に大事な食事について +サプリメント


おもしろサッカーグッズの諸々



便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD



書籍は子供に買い与えるのではなく 自分が読んで理解して、子供を導いた方が 100倍理解すると思います。


ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら 応援クリックお願いします。


  人気ブログランキングへ 






【】 | 試合について
トラックバック(0) |