FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
ジュニアユースに必要な声だし ・・・とその選手

息子のチームを観ていると
とても弱い時と、強い時があります。
 
もちろん相手のレベルが違うのは考慮して、息子のチームとして何が出来て、何が出来ていないのかを考えてです。

テクニックや運動量が、一週間単位で変わるわけでなく、
何が違うのかと言うと、連動性です。

ピッチに11人出ていても、個々で戦っている試合は
本当に弱く、観ていてもつまらない試合です。

声を掛け合い、連動して、盛り上がって
いる試合は、強く面白いです。

デフェンスの時は、
一人がワンサイドを切りながら、追い込む
パスコースを限定させながら追い込み
他の選手は、インターセプトを常に狙っている状況。

連動している時は、この追い込みにスキが無い。

追い込んでの取り方、苦し紛れに出したパスの取り方が
とても良いです。

攻撃の時は、

ボールを持っている選手に対して、
追い越して飛び出して行く選手、横や間で受ける選手
サポートのポジションに入る選手の位置取りが、とても早いです。

また、ボールを持っている選手に対して、
パスを受けた選手が、次に出せる位置に別の選手が動き出している。

つまり、次の次に貰える準備が出来ている状態。

連動性がある時は、こう言う良いサッカーが出来ます。

では、なぜ出来る時と、出来ない時があるのか?

要素の一つに声だしです。

一人だけ、一生懸命声を出しても、それを受ける二人目三人目が
いなければダメです。

声を出して引っ張っていける選手が、
二人いるとチーム全体が声を出し、連動性を生みます。

声だし

連動

盛り上げ

は大切な3点セットであり、それをチームに浸透できる子が、2人3人といると良いチームになりますね。 



ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 



スポンサーサイト




【】 | 指示
トラックバック(0) |
教える親父も大変です。

私自身も小学校から学生時代はずっとサッカーをやっていました。それでも当時の知識だけではどうにもならないので、日々サッカーの書籍からDVDやメンタル書籍からフィジカル書籍まで、大げさでなく数百冊を読破して勉強しています。

息子が本気でやるなら、親父も本気で教えてやる!と約束してしまったので頑張ってはいます。


苦労するのは、ポジションが変わった時。

息子は、ジュニアユースの現在のチームに入ってから、取り合えず今まではレギュラーを外れずにいます。

チームは現在30数名いますが、この中でトレセン組が3人いてこの3人は、理由がある時以外レギュラーを外れていません。

この3人の中で、一人はキーパーで当然ポジションは決まっています。

もう一人は、フォワードの子。この子はフォワードとしてはかなり能力が抜けており、チーム内はおろか他のチームを見渡しても、その能力はおそらくトップクラスの子です。

当然、チーム内では1年生の頃から公式戦やカップ戦を含めて、常にフォワードで先発レギュラーで出場しています。

息子はと言うと、1年生の時はほぼ左サイドバックで出場していましたが、公式戦でも数戦はトップで出場したりしていました。

2年になってからは、春合宿でトップ下になりました。コーチからは、今後はトップ下で行くからフォワードのその子ともっともっと連携を高めろと言われていました。私にもコーチからトップ下良いですよなどと言われていました。

しばらくはトップ下でプレーしていましたが、辞めてしまった子がいた為に右サイドバックで出場する事が多くなりました。

春にカップ戦があった時は、右サイドで先発し、勝っていればそのままで、負けていればトップ下にとポジションを替えていました。

夏合宿になるとフォワードで出場する様になっていました。それなりに得点も出来ていましたが、息子は怪我をしてしまい秋から始まった公式戦の2次リーグは出場する事が出来ませんでした。

チームはそこで大敗をしてしまうと、怪我中にも関わらず息子にセンターバックの指令が出てしまいました。

3次リーグ4次リーグとセンターバックで出場しこれからはセンターバックで行くんだろうと思っていました。

しかしながら今度は又トップ下で出場するようになりました。

一つのポジションを極めるのも一つですし、息子の様に色々のポジションをやらせて貰うのも一つでありがたい事だとは思っています。

しかし親父としては、ポジションごとに教えなければいけない事があり、そうそう変わられると教えるのも大変でなりません。

色々なポジションをやるメリットも理解はしているつもりですが、3年になるこれからは一年を通して一つのポジションを極めて欲しいとも願っています。

続けて一つのポジションを行うことで積み上げて行く事もあるからです。

どのタイミングから一つのポジションを見つめた方が良いのかは、判断を迷う所ですが2年間はとにかく便利やのごとく変わって来たので、今後しばらくは一つの所を積み上げられればと思っています。



お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。

参考
食事とサプリメント
トレーニングと同様に大事な食事について
+サプリメント

おもしろサッカーグッズの諸々
便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。



ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 










【】 | 指示
トラックバック(0) |