FC2ブログ
ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
本日から高校サッカーが始まりました。

ここ数年の楽しみの一つに、息子と同じチーム出身の子供達を捜してしまう事です。

高校サッカーの雑誌を買ってきては、どこのチームの出身かをついつい見てしまいます。

息子と同じチームはもちろん、いつも対戦していたチームの子供達が出場していると、やはり応援したくなるものです。

どのチームのどの子が、どんなプレーをするのか楽しみにしながら、今後の高校サッカーを楽しみたいと思います。

今年も一年、応援ありがとうございました。


ランキングに参加してます。

 
人気ブログランキングへ 



スポンサーサイト




【】 | サッカー
トラックバック(0) |
現在、息子は中学3年生です。

この夏休みの簡単な総括的にいえば、中学3年生の市場の状態でした。

夏休みの為、試合の多くは平日だったので全部が見れたわけでなく、休日しか観戦に行けませんでしたがその内容は・・・


夏休みは、ほとんどが高校生との試合でした。

1校との練習試合も多々ありましたが、カップ戦も1年生2年生には無かった状態での練習試合が数多く組まれていました。

中学3年のチームが5~10チーム、高校生のチームも同数が来て、中学生と高校生とのカップ戦の名の練習試合が、数々組まれていました。

カップ戦の名のと言うのは、高校生は1年生やDのチームが来ていて勝敗は2の次の内容です。

勝敗が目的ではなく、その目的は中学生のスカウトだからです。

公立高校も来ていましたが、ほとんどは私立高校です。

正に青田刈りの状態です。

高校の監督にとっても、大会結果などから有る程度の目星を付けて、選手を観に来ている状態です。

高校にとってもサッカーに力を入れている所は、早い所有望な選手を確保したい所でしょう。

また、中学の選手にとっても、早い所行きたい高校を決めたい所でしょう。

お互いの利害関係は整っているので、話は簡単なように感じました。

しかし、

中学3年生側からの視点では、仮に声が掛かったとしても、だいたいの高校は一週間くらいで、来るか来ないかの答えを求めて来ます。

自分が行きたい高校からのお誘いであれば迷う事などありませんが、本当の自分の第一志望や第二志望の高校がまだセレクションなどおこなっておらず、これからの時には判断に迷います。

声の掛かった所へは、今週中に答えを言わなければいけません。しかし自分の行きたい高校はセレクションや練習会さえ始まってないとしたらどうするべきか?

断ってしまえば、その高校は自分以外で定員を確保してしまい後から入りますは、通用しなくなってしまう。

行きます。と答えておいて、後から志望校が受かったからと言って、基本断る事は難しいそうです。

これには、高校と現在の所属チームとのお互いの利害関係もあるからです。

高校にとっては、ジュニアユースチームの各チームから有望選手を自分の高校に廻して欲しいし、所属チームにとっても自分のチームから有望校に入れたいと思惑があるので、ここには所属選手や父母には関与出来ない見えないパイプがあるのも事実です。

このパイプが父母や選手からすると、邪魔になる時があります。

選手にとっては、練習試合ですべての高校と対戦する訳ではないので、自分の行きたい高校へは、自分でセレクションや練習会に参加する必要があります。

幾つかの高校のセレクションや練習会を受けて、受かった高校の中から最終的に選びたいのが人情でしょう。

5校受かって、その中からサッカーと勉学の両立を考えて決めたいと思うものです。

しかし所属チーム事情としては、受け入れて貰えない事がほとんどの様です。

当然、行く高校は1校です。後の4校は断らなければいけないのです。

高校側からすれば、当然困る分けです。

これが続いて、高校側から受け入れて貰えなくなっては大変なので、所属チームとしては練習会に参加して声が掛かったら、必ずその高校に行ってくれ!となるわけです。

所属チームに黙って受けてしまえ。と考える人もいますが、申し込み用紙には監督のサインが必要だったりします。高校側にとっても所属チームにとっても暗黙の了解なのかと思います。

親の立場からすれば、不満があります。子供の個をもっと考えてほしいと。

しかし高校からの立場を考えれば、それも致し方ないのかとも理解します。

全部の高校や全部のジュニアユースのチームがすべてそうかどうかは分りませんが、見て聴いた多くはこのようなパイプ事情があります。


これに文句を言っても始まりません。

高校関係者やチーム関係者ならば誰でも同じ事を考えるでしょうから。

私の周りにも、今になってこの事情を知り、簡単に練習会にも参加出来ないと慌ててるお母さんもいます。

その時になって慌てないように、パイプ事情を理解して対応しておけば良いと言う事でしょう。

逆にいえば、所属チームとの強力なパイプのある高校ならば、学校の成績が妥当でサッカーが優秀ならば特待が貰える可能性もあるという事です。

最後の方になりましたが、公立校ではパイプの威力は限りなく弱いです。私立でのことです。


中学3年の夏前くらいのは、自分の志望校や目標はしっかり持っているのが良いです。

私立ならココとココ。公立の一般入試で行く!クラブチームに行く!と自分の目標はしっかり決めた方が良いです。

突然、自分でも考えていなかった高校からオファーが来て、一週間以内に答えをよこせと言われても迷いが生じて、道を間違えそうになります。

見て聴いての夏休み事情と、体験事情を織り交ぜながらの報告でございます。


長くなったので今日はココまでですが、次には息子事情も交えながら綴ります。


お父さんお母さんが 本気になって子供をサポートしたいと思った時 読んで下さい。


参考


食事とサプリメント



トレーニングと同様に大事な食事について +サプリメント


おもしろサッカーグッズの諸々



便利商品を紹介しています。


上達するBOOK・DVD



書籍は子供に買い与えるのではなく 自分が読んで理解して、子供を導いた方が 100倍理解すると思います。


ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら 応援クリックお願いします。


  人気ブログランキングへ 





【】 | サッカー
トラックバック(0) |

ジュニアユース
ぺけぽん
はじめまして。
小6の息子の事で、ジュニアユースについて探していたら、たどり着きました。

書かれている内容が、わかっていながら、つい忘れると言いますか、見て見ぬふりをしがちな事について書かれているので、読みながら反省しました。

J下部志望ですが、その狭き門の扉はこじ開けられないと思うので、そのほかどのようなところが良いのか・・・

親子ともに、部活には否定的なので(行く予定の公立中は。)、どういうところが良いのか・・・

また情報集めに、あちこち覗いてみます。

またお邪魔するかもしれませんが、宜しくお願い致します。

Re: ジュニアユース
ハッピーダイス
> はじめまして。
> 小6の息子の事で、ジュニアユースについて探していたら、たどり着きました。
>
> 書かれている内容が、わかっていながら、つい忘れると言いますか、見て見ぬふりをしがちな事について書かれているので、読みながら反省しました。
>
> J下部志望ですが、その狭き門の扉はこじ開けられないと思うので、そのほかどのようなところが良いのか・・・
>
> 親子ともに、部活には否定的なので(行く予定の公立中は。)、どういうところが良いのか・・・
>
> また情報集めに、あちこち覗いてみます。
>
> またお邪魔するかもしれませんが、宜しくお願い致します。


ぺけぽん 様

こんにちは。ハッピーダイスです。

メールありがとうございます。

小6の時点でジュニアユースのチーム選びは悩みますよね。

Jの下部に入って、ユースにもそのまま上がれれば良いですが、ジュニアユースからユースに上がれるのはかなり少ないようですよ。

息子の友達の話では東京にあるJの下部ですが、ユースに上がれたのは3人しかいないようです。

確かにこの3人の中に入るくらいならば、サッカーのエリートコースかも知れませんね。

ジュニアユースで下部に入った方が良いのか、もうひとつ下からステップアップした方が良いのか迷う所ですね。

ジュニアユースのチームと仲の良い高校などもあるので、合わせて検討すると良いかもしれません。

間違いなく、中学3年になって高校選びのタイミングは来ますので、早めに考えて早すぎると言う事はないと思います。

息子さんに合ったチームがみつかると良いですね。

頑張って下さい。


コメントを閉じる▲