ジュニアユース世代が、一番上達する世代だと思います。天才は親が作る?と言われていますが、天才になるかは判りません。しかし親のサポート次第で伸びるのは確かです。的確に導いて行ければと思って綴っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加してます。 一日1回の応援クリックお願いします。
 

  人気ブログランキングへ


【常にこのページがトップに来ます。最新記事は左の2番目からです】


こんにちは。
サッカーの最も上達する世代は、小学5・6年から 中学のジュニアユース世代だと言われています。

何かの本に、天才は親が作る!とありました。

天才になるかどうかは分かりませんが、 親のサポートやアドバイス、 メンタルのフォローがあった方が、 間違いなく伸びるのは事実です。

上手くなりたいと思っている子供の力になる!と 考えた時に、親はアドバイス出来る準備が必要です。
 
コーチとは違う 親は、親しか出来ない事があります。

子供+コーチ+親の三角形が良いバランスで 取り組める様に考えた方が良いです。

もちろん親も、サッカーに対して全くの無知では アドバイスのしようも無いので、 サッカーに付いて勉強をする事も必要です。

しかしここでは、サッカーの技術的な事は あまり書かないです。

子供に取って、必要と思う親の役割を綴って行きます。

私には、ジュニアユース世代の息子がいます。

息子の試合や、生活を通じて 親のやった方が良い事や、 子供とコーチとそして親の 、 親のあるべきポジションについてを 私なりに綴って行きたいと思います。

子供が、本気でサッカーをやりたい! 本気で上手くなりたいと思っているなら 親も本気で取り組んでやろう!の 気構えは必要ですね。

戦術的な事などは、他の所で沢山出ていますので、 私は、なんでそれをした方が良いのか、考え方や理解の仕方の 手助けが出来ればと思っています。

子供が本気ならば、親も本気で答えて行こうと思っています。

どうぞ宜しくお願いします。

お父さんお母さんが 本気になって子供をサポートしたいと思った時 読んで下さい。

ランキングに参加してます。
  人気ブログランキングへ 


ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら 応援クリックお願いします。


親子で楽しむDVDをご紹介

スポーツショップ一覧


スポンサーサイト

【】 | トップ
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
ハッピーダイス

こばチャン様

こんにちは。

ハッピーダイスです。

メールを頂きましてありがとうございます。

こばチャン様も子供のサッカーブログを書いてるとの事ですので
よろしければ、こばチャン様のブログも教えて頂ければなと思います。

私も子供のサッカーを盛り立てて行ければと考えていますので
協力出来て更なる盛り上げが出来れば、とても嬉しく思います。

今後も宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
ハッピーダイス
こばチャン様

こんにちは。

ハッピーダイスです。

早速、『監督のぼやき』を読ませて頂きました。

今後もチョクチョク読ませていただきます。




タカ
確かに最近ではテレビで親が熱血指導
してプロになった人も沢山いますよね。

応援します!


35
勉強になります。

Re: タイトルなし
ハッピーダイス
35様

ハッピーダイスです。

そう言って頂けると張り合いになります。

ありがとうございます。

はじめまして
熊元敬典
はじめまして
ブログを拝見させていただき大変共感しました
ジュニア世代は一番技術習得では大事な時期だと私も思います
応援クリックさせて頂きます

Re: はじめまして
ハッピーダイス

こんにちは、コメントを頂きまして、

ありがとうございます。

そして応援クリックも頂きまして、

重ね重ね感謝致します。

今後も、少しは参考になるように

感じた事を綴っていきます。

初めまして
じゅん
かなり参考にさせていただいています。
サッカーが全くわからない私にサッカーが大好きな息子がいます。

地区のサッカークラブに初めていれたところです。学校ではストライカーで井の中の蛙状態だった息子をクラブにいれました!コーチから断トツにドリブル、瞬発力、判断が上手いといわれ、決まったポジションがCB。本人は戸惑い、私はあまりわからずこのブログにたどりつきました。これから参考にさせていただきます。

コメントを閉じる▲
センターバックはデカクて、強くて、早ければ
最高ですが、ジュニアユースのチームで
中々このようなセンターバックが2人揃っているのは稀です。

2人揃っている様なチームは崩すのが難しいですが、
そうで無いチームも多々あるのが現実です。

そこでフォワードは崩し方を考えないと勿体ないです。

2人の最強センターバックのいるチームと、同じ対応では無いはずです。

多いのが、違うタイプを揃えているチームです。

チームによりますが、
一人は高さがあって競り合いには強いが
スピードは速くはない。

もう一人は、高さは無くてもスピードはあり
カバーリングの読みは良い子。

この様なチームがあった場合、フォワードのポジショニングは
どうしますか?

ディフェンス側から考えると、相手のフォワードに
高さがあって競り合いに強い方を当てて
こぼれ球や、裏に抜けて来たボールにスピードがある方が
対応した方が、当然自分達のペースで試合が運べます。

フォーバックでラインの時は、センターバックの2人が右と左に並んでいます。

フォワードが高さがある子寄りにポジションを取ってくれると
とても楽になります。

フォワード側から考えると逆にしなければいけません。

高さが無い方と競り合い、裏に抜けたボールには
スピードの無い方と対戦したほうが良い訳です。

仮にセンターバックで右よりに高さのある子。
左よりにスピードがある子。がいた場合
2トップの内の、トップに張るフォワードは
左よりにポジションを取り
スピードの子を自分に付かせて、高さの子を
カバーに回した方が良い訳です。

これだけで、ディフェンスバランスが崩れたりします。


招待試合で、強豪チームが何チームも来ている中で、
ポジショニングの上手なフォワードがホントいました。

自分が、センターのどっちを吊り上げて
その裏を取ろうかと考えているフォワードです。

この子は、うまかった。

フォワードは、
相手に寄ってポジショニングを考えると
もう一つ面白くなりそうです。

逆にディフェンスでは、東京の強豪チームが集まっても
ジュニアユースレベルでは最強のセンターバックペアなんて
いないです。

デッカクて、強くて、速くて、1対1も負けず
カバーリング能力もあり、読みも良く、統率力あり、
全体をコントロール出来る2人なんていないです。

いるかもしれませんが稀です。

フォワードの立場からすると、
センターバックがどういうタイプか見極めてプレー出来ると
もう一つ出来る事が増えそうですね。

頑張って下さい。



お父さんお母さんが
本気になって子供をサポートしたいと思った時
読んで下さい。


参考
上達マニュアル集
元Jリーガーの上達マニュアルやプロの上達マニュアルを集めました。

上達するBOOK・DVD
書籍は子供に買い与えるのではなく
自分が読んで理解して、子供を導いた方が
100倍理解すると思います。


ランキングに参加してます。
ジュニアユースについて、チョットは参考になったと思ったら
応援クリックお願いします。
 
人気ブログランキングへ 










【】 | フォワード
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。